コスモスベリーズのミッション

1. 世界に類をみない「地域店と量販店の共生」スキーム

地域店は量販店と対立するのではなく、量販店の仕組みや店舗を活用して店舗運営を行うという、
「地域店と量販店の共生」スキームを実現しました。

コスモスベリーズは2014年12月に総店舗数10,000店を突破しました。何故これだけ多くの皆様から共鳴と支持を得ることができたのか?それは、コスモスベリーズが流通の常識を変えてきたからです。世界に類を見ない「地域店と量販店の共生」スキーム、小売りにおける「公平な競争環境」を提供、仕入量に関係ない仕入価格の均一化、受益者負担の原則、自主独立の気概を持った加盟店からのノウハウの共有

2. 小売りにおける「公平な競争環境」を提供

「情報」「仕入条件」「品揃え」「安定供給」という小売を行う上で重要な4項目を、会費制で提供します。
小売店が規模の大小によらず、同じ条件で競争できる公平な環境を作り上げます。

3. 仕入量に関係なく、仕入価格の均一化を実現

ヤマダ電機との共生を実現することで、従来の仕入に付随していた仕入量による格差を無くします。
小規模な店舗でもコスモスベリーズに加盟することで、量販店と同じ環境で競争することができます。

4. 受益者負担の原則

小売に必要な「情報・仕入条件・品揃え・安定供給」も重要4項目以外は、
必要とする加盟店がコスト負担を行うこととします。
LCC(格安航空会社)と同じように、必ず必要なものだけをパッケージ化し、
他はオプションのサービスとすることで、利用者の負担を減らします。

5. 自主独立の気概を持った加盟店からのノウハウを共有

他の加盟店と情報を共有するためのSNS会員交流サイトを運営しています。
地域密着で長年積み重ねてきた、成功している地域店の現場情報を共有することができます。